• 医療保険は病気や怪我に備える保険

    医療保険は名前から想像できる通り、病気や怪我に備える保険です。しかし病気や怪我で病院に行き、お金を払えばすべて保険でカバーできるわけではありません。最近は医療保険は入院と手術に対して給付金が支払われる保険である事が広く認知されてきましたが、比較的新しい保険である医療保険の保障内容は、誤解している人が多かったのも事実です。病気や怪我に備える保険、と聞いてあまり内容を深く考えずに契約してしまった人は、入院しなくても給付金が出ると思い込んでいたり、家族も保障してもらえると思っていたり、そういった誤解が多くあったのです。契約者にしてみれば、病気や怪我に備える保険であればかすり傷であろうとインフルエンザであろうと病院にかかれば給付金が出るのが当たり前、と思うかもしれませんが、医療保険の目的を考えてもらえれば分かります。病気や怪我により、大きな負担を強いられる備えとして加入する保険ですから、健康保険でほんの数回通院した程度では大した負担にもならず、保障は必要ないということになります。特に日本は先進国の中でも医療保障制度が優れており、収入が少ないのに自己負担が大きいということにはなりません。公的医療制度でカバーしきれない部分だけに備えれば良いでしょう。どうしても通院保障がほしい人は、特約にて通院保障をつけることができます。但し、退院後の通院であることなどの条件がついているものがほとんどで、やはりかすり傷で一度通院した程度では対象になりません。

  • 医療保険に入る理由は病気にかかったときに出費を抑えるである

    日本は世界一の長寿国であり、平均寿命は80歳を超えるまでになった。しかし、この年齢はあくまでも平均寿命であり、誰もが80歳まで長生きできるわけではないことはいうまでもない。病気も同じである。誰もが健康で長生きしたいと願っているが、どんなに注意していても不幸にして病気に襲われる人がいる。現在は保険料が3割負担の中で、治療に長期間を要すとなると、家族の経済的負担は計りしれない。特に家族の大黒柱が長期医療を余儀なくされると、収入が減る中、負担が多くなって、悲惨な生活を余儀なくされてしまう。この不測の事態に備えるのが医療保険である。しかし、医療保険はさまざまな種類があって、何が自分にベストであるのか、個人では選ぶのはむずかしい。そして勧められるがままに、たくさんの特約をつけてすごく高い保険料になってしまう。誰もが病気なって儲ける発想は持っていないはずだ。であれば最低限の保障で、なんとか病魔に冒された際の窮地を脱せるようにしたいものである。医療保険は、生命保険にセットされている場合がある。また、学資保険に特約として付加されていることがある。また、会社の福利厚生の一環として、社員用の共済組合、互助組合に付加されていることもある。これらを見直し、入院した場合、1日当たりどのくらいの保険料が出るのか検討したほうが良い。さまざまな医療特約を合わせると驚くほど1日当たりの保険料が多いことに気がつくはずである。医療保険で利殖を考えること自体が、間違いである。保険料の掛け金を抑え、余分に掛けていた掛け金で、日常生活を豊かに生活したほうが健全であると思う。

  • 病気のことを考えて医療保険に加入するのは必然

    若い人は自分が病気になるとは考えないものです。そのため医療保険などに加入をしない人も少なくはありません。病気もしないのに医療保険に加入するのはお金の無駄と考えてしまうことも少なくは無いと思います。健康な人なら考えてしまいがちですが、医療保険は万が一の時のための事を考えた保険ですので加入しておいた方が将来的にも安全です。普段から健康で病気もしないような人でも倒れない保証はありません。特に夏や冬の季節は注意が必要です。冬の場合は寒暖差があると心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。暖かい部屋から寒い部屋へ移動すると、血管が収縮してしまい血圧が高くなり心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります。特に年配の方は負担が大きいため注意が必要です。暖房の効いた暖かい部屋から寒い場所へ移動する場合は、必ず羽織るものを用意しましょう。タオルを羽織るだけでも違うので、短い距離だからと言って面倒がらずに羽織るように心がけましょう。夏の場合は熱中症に注意しなければいけません。熱中症で倒れる人は多く、テレビでも良く取り上げられるものです。陽の照る暑い時間は外出を避け、水分をこまめに摂取するよう心掛けることが大事です。年配の方は若い人に比べて発汗する力が弱まっているため、温度調節がうまく機能しないため熱中症になりやすいので注意が必要です。子供の場合も地面との距離が近いため大人よりも熱を受けてしまうので長い時間の外出は危険です。気温の変化だけでも病気を引き起こしてしまうこともありますので医療保険への加入は必要と言えます。

  • 病気の恐怖に備える為の医療保険

    人はいつどんな病気になってしまうかわからない恐怖というのはあると思います。最近ではいろいろな病気の情報などもテレビなどで取り上げられていたり、予防法なんかもあったりはしますが、実際に生活習慣を気をつけていたりしても、病気にならないという保証は100パーセントではありません。そんな中で私たちが出来るのはきちんと医療保険に契約しておくことではないかと思います。保険には適応される病気の種類や、高度医療にも適応するものや、女性の病気に特化したものもあり、自分の性別や年齢などにも適したものを選ぶ必要があります。それに大人だけではなく、子供達もきちんと医療保険には加入させないといけないと思います。そう思ったのは、自分の子や甥っ子など身近な子供が小さいうちから入院するような病気になったりしたからです。子供にも日頃から体調の管理をしっかりとしていると思っていても、まだまだ免疫力が弱かったりする年齢だし、子供同士の接触もあるので、ウイルス性の病気などには感染しやすいし、重症化しやすい傾向にもあります。入院して無事に元気になれれば何よりですが、入院費は意外とかかるものだし、検査なども必要になるとさらに費用はかかります。ある一定の年齢だと乳幼児医療書があれば、医療費などは無料にもなったりしますが、それを過ぎれば費用はかかってしまいます。そうなることも考えれば、やはり年齢問わず早めに医療保険だけは加入するべきだと私は思います。

  • 病気に罹らなかった父の医療保険

    人の命が終わりを迎える理由として、事故や災害に遭ってしまった場合、病気に罹ってしまった場合、または、自ら命を絶ってしまった場合と、こういった失い方は、悲しくてならないものです。体の痛みや苦しみを感じながら、一生を終えていかなければならないからです。そんな中、私の父はとても自然に、そして穏やかに自分の人生に終わりを迎えてくれました。いや、もしかすると今は、天国で元気に笑ってくれているかもしれません。私の父は87歳のとき、ベットの上で眠ったまま起き上がることなく、天国へと旅立っていきました。これを見つけたのは、朝いつものように父を起こしに部屋へと向かった母でした。前日の夜までは、いつもと変わりない父だったのですが、年齢が年齢だけに、いつ自然に亡くなってもおかしくないことでした。病院で調べていただいたところ、苦しんだ様子もなく、自然死だと診断されたのです。こうして父が旅立ってから、今までに何度も母と、父のことについて話をしてきました。それは、思い出話であったり、これからまだ一緒に経験したかったことなど、いろいろある中で、父の医療保険についての話になったことがありました。私はそれまで、両親がどういった保険に加入しているかなど、全く知らなかったのですが、どうやら父は、終身型の医療保険に加入をしていて、毎月約5000円ほど支払っていたといいます。しかし父は、病気やケガを何1つすることなく、病院にかかることのないままに亡くなったのだそうです。母はそんな父に「お金を無駄にして」と、今では笑って言っていますが、それはもちろん、喜びの裏返しです。医療保険を使うことなく一生を終えるほど、嬉しいことはありません。病気やケガをすることなく、苦しむことのないままに一生を終えた父に、私も母もよかったなと思うことができています。医療保険とは、安心という目に見えない商品を購入することで、この商品は使わないことが1番です。